ジェラテリアのお店

Columnコラム・連載

前衛的であること

NOBUO NAKAGAWA

2018.03.30

「ピッツェリアなのに、まだピッツァがない。」

「ビオワインが揃っているのに、夜、やってない。」

「バーガーが出るのに、手間暇かかる。」

「ジャンクと書いてあるのに、とても素材はジャンクではない。」

「いくら食べても体が重くならない。」

「プレ・オープンのまま、1年も営業してしまう。」

「開業する前に、プロのコンテストに出る。」

「原価計算は後回し。」

「調理のプロが誰もいない。」

「業界団体には一切入らない。」

「同業者の意見は何も聞かない。」

「ヴィーガンの方が、肉より安い。」

「ヴィーガン専門店にはならない。」

全部、理由があるのですが、理由はともかく、私の中ではすべて筋が通っていて、常識から見れば、単に非常識としか言えません。

前衛的であり続けるためには、当たり前のことを、「当たり前のことだから」と再考することを厭わない姿勢が、前衛的たらしめるのだと思っています。

誰かが決めた常識を踏襲するつもりなんてさらさらなく、だからといって先人の積み重ねを軽視はしません。もう一度、それはそれで良いのかとゼロから考え直すこと。

ただ、黙々とそれをやっているに過ぎないのです。

 

 

どうぞ、三条のプレマルシェ・ジェラテリアに、
そして、北山のプレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク(ジェラート20種類あり)にお越し下さい。

プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンクのホームページ
https://pizzeria.organic/

 

 

1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 自然食屋が、そのノウハウの全てを注ぎ込んだ京都のジェラート店
  • 正統イタリアン・ジェラートでありながら、和素材も生かしている
  • 機能素材やスーパーフードを多用し、罪悪感ゼロで楽しめる
  • 日本最大級のヴィーガン、ノンミルクジェラートの品揃え
  • 安価で味の粗いサトウキビ由来の白砂糖は一切不使用
  • 主に外国人から特別に高い評価を受け、行列になる日もある
  • チーフ・ジェラティエーレ(ジェラート職人)は中川信男
  • 合成乳化剤・合成安定剤フリー

さらに1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 「身体が冷えない」「食べたら痩せる?!」という信じがたいお声あり
  • 京都でフードバリアを超えるというプロジェクトを立ち上げ
    (Beyond “Food barrier”!参照)
  • 世界遺産の朝市にも出店
  • 東京に出店して欲しいという声多数で、2018年に開業
  • 衛生確保のため、お金を触らずに済む多言語券売機を活用
  • 私たちが作るジェラートは「心の薬である」と真剣に希求