譲れないもの

前衛的であること

「ピッツェリアなのに、まだピッツァがない。」

「ビオワインが揃っているのに、夜、やってない。」

「バーガーが出るのに、手間暇かかる。」

「ジャンクと書いてあるのに、とても素材はジャンクではない。」

「いくら食べても体が重くならない。」

「プレ・オープンのまま、1年も営業してしまう。」

「開業する前に、プロのコンテストに出る。」

「原価計算は後回し。」

「調理のプロが誰もいない。」

「業界団体には一切入らない。」

「同業者の意見は何も聞かない。」

「ヴィーガンの方が、肉より安い。」

「ヴィーガン専門店にはならない。」

全部、理由があるのですが、理由はともかく、私の中ではすべて筋が通っていて、常識から見れば、単に非常識としか言えません。

前衛的であり続けるためには、当たり前のことを、「当たり前のことだから」と再考することを厭わない姿勢が、前衛的たらしめるのだと思っています。

誰かが決めた常識を踏襲するつもりなんてさらさらなく、だからといって先人の積み重ねを軽視はしません。もう一度、それはそれで良いのかとゼロから考え直すこと。

ただ、黙々とそれをやっているに過ぎないのです。

 

 

どうぞ、三条のプレマルシェ・ジェラテリアに、
そして、北山のプレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンク(ジェラート20種類あり)にお越し下さい。

プレマルシェ・ピッツェリア&オルタナティブ・ジャンクのホームページ
https://pizzeria.organic/

 

 

カテゴリー:譲れないもの

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中