ジェラテリアのお店

Columnコラム・連載

開店2週間を過ぎました

NOBUO NAKAGAWA

2017.04.15

プレマルシェ・ジェラテリアは本日、プレオープン2週間を過ぎました。今日は閉店前に、ショーケースもほぼすっからかんという状態になりました。

DSC_0428.JPG

今日は130名ほどのお客様にお越しいただき、たくさんのジェラートを食べていただきました。広告もせず、お得意のオンライン通販でのお知らせもしない状態で、「お子様のアレルギーでアイスクリームは食べられなかった」というご家族連れから、外国人観光客の皆さままで、こうしてフードバリアを感じずに、どなたでも笑顔で楽しんでいただけることはとても嬉しく思っています。

ミルクやシャーベットが常識という日本のジェラート界の中で、ミルクを一滴も使わず、しかしミルクの濃厚さを楽しんでいただきたいと考えてきたノンミルクジェラートの一群も、何の先入観もなく「ただおいしいから」という理由で選んでいただけていることも予想以上の結果で、もっとたくさんの選択肢をノンミルクやヴィーガンで、と試作を再開しています。失敗も成功もありますが、ぜひそちらもご期待下さい。

 

1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 自然食屋が、そのノウハウの全てを注ぎ込んだ京都のジェラート店
  • 正統イタリアン・ジェラートでありながら、和素材も生かしている
  • 機能素材やスーパーフードを多用し、罪悪感ゼロで楽しめる
  • 日本最大級のヴィーガン、ノンミルクジェラートの品揃え
  • 安価で味の粗いサトウキビ由来の白砂糖は一切不使用
  • 主に外国人から特別に高い評価を受け、行列になる日もある
  • チーフ・ジェラティエーレ(ジェラート職人)は中川信男
  • 合成乳化剤・合成安定剤フリー

さらに1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 「身体が冷えない」「食べたら痩せる?!」という信じがたいお声あり
  • 京都でフードバリアを超えるというプロジェクトを立ち上げ
    (Beyond “Food barrier”!参照)
  • 世界遺産の朝市にも出店
  • 東京に出店して欲しいという声多数で、2018年に開業
  • 衛生確保のため、お金を触らずに済む多言語券売機を活用
  • 私たちが作るジェラートは「心の薬である」と真剣に希求