ジェラテリアのお店

Premarché Gelateriaプレマルシェ・ジェラテリアのジェラートについて

Premarché Gelateria

IDENTITYわたしたちの取り組み

ジェラートやスイーツを単なる菓子ではなく、心の薬にしたい。

誰もが、おいしく繊細なジェラートを口にして幸せを感じる権利があります。文化、習慣、宗教、思想、信条、志向(好き嫌い)まで含めた食の違いを超えて、またジェラートやアイスクリームの常識を超えていくことが、ジェラートづくりにかける情熱に火を注ぎ込んでくれます。わたしたちのジェラートは、世界の全ての人々にとっての心の薬でありたいのです。

Read More

機能性ジェラート・
素材について

合成乳化剤・合成安定剤フリー

合成乳化剤を常識的に必要とするミルクベースのジェラートから、一切の合成乳化剤=合成洗剤を排除、さらに、合成安定剤も一切使用していません。乳化剤・安定剤フリーのジェラートやアイスクリームは質感が著しく劣化するものですが、当店独自の技法と素材によって、乳化剤入りのものに負けないどころか、より繊細なテクスチャーや濃厚さ、口溶け感を実現しています。ミルク不使用のジェラートの全てにも、当然合成乳化剤、合成安定剤は使用していません。

Read More

与那国島の良質なサンゴパウダー※

日本最西端の島、与那国島で採収された良質なサンゴパウダーを使用。3ミクロンの微粉末のため、カルシウムをはじめ、70種類以上の海洋ミネラルを効率よく摂ることができます。

吸収のよい良質なミネラルの効果

  • 免疫力アップ
  • 筋肉の働きをスムーズに
  • 血液を健康に
  • 疲労回復
  • 脳の活性化
  • 脂肪燃焼、基礎代謝をアップ
  • エネルギー代謝を促進
  • シミ、そばかすを防ぐ
  • アンチエイジング

砂糖類

安価な精白サトウキビ糖は添加せず、甜菜糖、甜菜含蜜糖、黒糖、穀物を発酵した糖、フルーツから抽出した糖などを使用しています。その他、甘味素材として、ハチミツ、トレハロース、ブドウ糖、水飴も使用します。

オーガニック
アガベイヌリン※

すべてのソルベ及び一部のフレーバーには、オーガニックアガベイヌリンを加えています。アガベイヌリンは水溶性食物繊維の一種で、糖の吸収を穏やかにします。

スーパーフード※

スーパーフードと呼ばれる、美容・健康効果がきわめて高い素材を使用しています。単に身体によいだけでなく、味も優れたものを選んでいます。

殺菌について

一般的なアイスクリーム製造過程で使用され、人体への危険性が指摘される次亜塩素酸ナトリウムによる殺菌を回避し、より多くの費用と手間をかけて高濃度オゾン水、焼成ホタテ粉末水溶液、食用エタノールなどによる食材衛生管理をおこなっています。

※すべてのフレーバーに対応しているわけではありません。

FAIR,ORGANIC & PEACEFUL

-FAIR-

その素材が公正に取引されたものであること

-ORGANIC-

人体や環境負荷を最小にしたものであること

-PEACEFUL-

誰もがちょっと背伸びして楽しめること

プレマルシェ・ジェラテリアのジェラートの素材選定については、可能な限り「FAIR」「ORGANIC」であろうとしています。
と当時に、これにこだわるあまり、極端な高価であったり、味やテクスチャの悪化の原因になったりする場合には、柔軟に対応しています。なぜなら、普段着の心のスイーツとしてあまりに高すぎる、またはおいしくないことを無意識にがまんしなければならない味や口溶け感では、多くの方に手に入れていただくことが難しくなるからです。

当店には、大好きなジェラートのためにと、一生懸命に貯めたお小遣いをもってご来店いただく小さなレディーやジェントルマンがおられます。こんなときにも心が痛まない価格であることは大切なことと考えているため、特定のこだわりよりも、「PEACEFUL」を大切にしています。

1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 自然食屋が、そのノウハウの全てを注ぎ込んだ京都のジェラート店
  • 正統イタリアン・ジェラートでありながら、和素材も生かしている
  • 機能素材やスーパーフードを多用し、罪悪感ゼロで楽しめる
  • 日本最大級のヴィーガン、ノンミルクジェラートの品揃え
  • 安価で味の粗いサトウキビ由来の白砂糖は一切不使用
  • 主に外国人から特別に高い評価を受け、行列になる日もある
  • チーフ・ジェラティエーレ(ジェラート職人)は中川信男
  • 合成乳化剤・合成安定剤フリー

さらに1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 「身体が冷えない」「食べたら痩せる?!」という信じがたいお声あり
  • 京都でフードバリアを超えるというプロジェクトを立ち上げ
    (Beyond “Food barrier”!参照)
  • 世界遺産の朝市にも出店
  • 東京に出店して欲しいという声多数で、2018年に開業
  • 衛生確保のため、お金を触らずに済む多言語券売機を活用
  • 私たちが作るジェラートは「心の薬である」と真剣に希求