フレーバーについて

比類なき滑らかさと、濃厚さの溢れたビーガンジェラート

今日も、私のメールボックスに素敵な感想が届きました。

毎日、いただく言葉に私も幸せを感じています。

私はジェラート好きで、イタリアの有名なジェラート店を食べ歩いたくらい、
真性のジェラートフリークです。

日本にビーガンジェラートは少なくて、ネットで手に入るものは一通りお取り寄せしましたが、どれもざらざらで、豆乳臭くて、粘りもなく、とてもジェラートとはいえないもので失望ばかりを繰り返していました。

そんな私の失望を見かねた彼氏が、貴店のビーガンジェラートを送ってくれました。

貴店から届いたジェラートは、まさに
「比類なき滑らかさと、濃厚さの溢れたビーガンジェラート」そのものです。

本当に美味しいものを口にすると、快感がはしりますね。
触覚と味覚が組合わさって生じる快感なのだと思われます。

ひんやりとなめらかな触感が舌の上に広がり、
まるでホクホク濃厚な焼き芋がお口の中に広がり、脳は快感に占拠されました。

このなめらかさで、乳化剤入っていない、
さらには冷えない、むしろやせたという感想が届いていると聞き、驚愕しています。

 

えっ、そんなことができるのか、とかすかに思考が抵抗するけれど、
何より、食べ終わった後に残されたのは、ピュアなものを食して
身体が喜ぶあの感覚、そして、神様ありがとう、
と感謝を捧げたくなったこの状態が論より証拠ですね。

(そして、ああ、これが毎日食べれたら、、と欲深くなるのが、
私の悪いところです…)

感動のジェラート体験、ありがとうございました!

 

思わず、比類なき滑らかさと、濃厚さの溢れたビーガンジェラートという言葉をそのままタイトルに使ってしまいました。

プレマルシェ・ジェラテリアのヴィーガンジェラート、ノンミルクジェラートには一切の乳化剤を使用していません。乳化剤を使用していないという触れ込みのジェラートの大半は、デキストリンを主体に配合しているものですが、この方法では粘りが溢れた微細な口溶けのジェラートを創り出すことはできません。

プレマルシェ・ジェラテリアにしかできない特殊なテクニックでこのテクスチャーを実現し、お店にお越しいただく世界中のヴィーガンの方から「世界でいちばんおいしい」とまで言っていただくことが多くなりました。TripAdviserの英語コメントを読んでいただくと、それがほんとうのご感想であることがご理解いただけるかと思います。

ヴィーガンでも濃厚、ヴィーガンでも微細、ヴィーガンでも豆くさくない、ヴィーガンでも単純ではない、ヴィーガンでもミルクに負けない、むしろ勝ってしまう日本でしかできないヴィーガンジェラートを創り出していきます。

Photo_17-10-02-15-52-08.381 (1)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中